« PCが壊れた時にそのひととなりが見える その1 | トップページ | ちょっとだけ田舎に帰ってきました »

2006年6月22日 (木)

PCが壊れた時にひととなりが見える その2

通常会社としては企業データの保存場所とメールデータの保存場所を

専用のサーバーを用意して万が一を考えてバックアップを

とるように推奨してあります。

当然自分の派遣先にもあります、が実地率はやっぱり低いです。

データがダメになったと宣告された人は

1.何か他に手は無いか?とそれでも諦めない人

2.諦めて変わりのPCを用意してと頼み取引先に連絡をとる人

3.落ち込んでふてくされて何もしなくなる人

の3パターンに大体分かれます。

一番困るのは最初のパターンですがそういった人のために

「データ復旧の専門機関に頼めば何とかなるかもしれません。

 しかしデータの復旧が出来ても出来なくても費用として80万~100万円掛かります。

 上司の方の許可が頂ければ私のほうで手続きしますが・・・・」

と説明すると普通の人は諦めます。

今までに一人上司に頼んで本当に80万円掛かったケースがあります。

ちなみに個人的には大したデータは入ってなかったように思います。

業者的にはかなり美味しい仕事だと思います。

個人的な感想ですが仕事の出来る人は大体2番目の人です。

|

« PCが壊れた時にそのひととなりが見える その1 | トップページ | ちょっとだけ田舎に帰ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCが壊れた時にそのひととなりが見える その1 | トップページ | ちょっとだけ田舎に帰ってきました »